和木町の名産品!「黒麺」「もぶり」

本日は和木町の名産品を紹介します!

まずは、「黒麺」

kuromen

こちらは「うま塩」ですが、「うま辛」と「赤唐辛子つけ麺」の3種類があります。

kuromen2

もやしをたっぷり入れて、半熟卵を入れました。

kuromen3

イカ墨を練りこんだ黒い麺は、歯ごたえがあってツルツル!
ほんのりイカ墨の香りが広がって、スープとの相性も絶妙!
一食ずつ手軽に食べられるので、便利ですね☆

9/13追記
黒麺は、2011年4月発売(つけ麺) うま塩、うま辛は同年9月発売
和木町沖で獲れるコウイカをモチーフにして、イカ墨パウダーを練り込んだ麺を開発しました。
広島で流行していたつけ麺を最初に発売し、冬向けにうま塩、うま辛を発売しました。
発売した当初は給食にも出されていました。
イカ墨パウダーのイカ墨は北海道産を使用しています。

 

次に、「もぶり」

moburi

炊いたごはんに混ぜる“まぜごはんの素”です。

moburi2

寿司桶がないので炊飯器の窯に直接入れました・・・。
早速今日のお弁当に入れてきました。

moburi3

卵焼きと豚の生姜焼きを作りました。
ひじきは冷凍食品です・・・。
ごはんが冷めても美味しくいただけました!
おにぎりにしても美味しそうですね♪

9/13追記
もぶりは、2014年4月発売
和木町、大竹市で郷土料理として親しまれている「もぶり」を手軽に作れるよう商品化しました。
「もぶり」とは、「混ぜる」という意味の山口県の方言「もぶる」に由来しています。
椎茸、アサリなど、和木町でも獲れる食材を入れています。
入っている食材は山口県産のものを使用しています。

※販売場所について質問をいただいたので追記します。
和木町役場向かいの議会棟1階の地域振興協会(平日のみ)、蜂ヶ峯総合公園内のはっちの家で販売しています。
ぜひご賞味ください!

和木町は農産物が少ないので、なかなか名産品が作れないとのこと。
今後、名産品の開発も仕事の一つになってきます。
今からいろいろ情報を集めていきます!

 

2016年7月11日(月)

広告

和木町の名産品!「黒麺」「もぶり」」への2件のフィードバック

  1. ピンバック: 和木町名物「黒麺」「もぶり」の注文チラシを作りました! | わきおこし・わきらいふ

  2. ピンバック: 和木町名物「黒麺」「もぶり」の注文チラシを作りました! | わきおこし・わきらいふ

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中