和木町の紹介

和木町は、山口県、広島県の県境の町です。
町域は、岩国市と接し、北は広島県大竹市、東は瀬戸内海に面しています。

気候は温暖で、居住地域は町域の平地に集中しており、山林部には、緑あふれるファミリー公園「蜂ヶ峯総合公園」があり、沿岸部には、石油化学コンビナートと、癒しと生活基盤の調和のとれた町です。

基幹産業である石油化学工場は、日本のコンビナート発祥の地として知られています。
%e5%9c%b0%e5%9b%b3%ef%bc%88%e4%b8%ad%e5%9b%bd%e5%9c%b0%e6%96%b9%e3%80%81%e5%92%8c%e6%9c%a8%e7%94%ba%e5%91%a8%e8%be%ba%ef%bc%89

★錦帯橋まで車で約15分
★岩国錦帯橋空港まで車で約20分
★宮島口まで電車で約30分
★広島駅まで電車で約50分

 
和木町 地図
※写真引用 Google map

【“和木町”の由来】

 

 

◆和木駅
平成20年3月15日に開通したJR和木駅は、山口県最東端の駅です。
広島駅から乗り換えなしで50分程で来られます。
DSC_0030
窓のデザインは和木町の町章で、和木町の「ワキ」を図化したものです。
(大きな円はワキの「ワ(輪)」、そして円満融和の「和」を表します。中央のカタカナの「キ(木)」は躍進を続ける町の発展を表しています。)

 

 

◆工業地帯
和木町の東部は、主に三井化学株式会社の岩国大竹工場、JXエネルギー株式会社の麻里布製油所の2社の工場で形成されています。
恵まれた立地環境を生かした重化学工業が町の主要な産業となっており、瀬戸内工業地域の一角を占めています。
koujyou_earth
IMG_20160710_141115
和木駅から見た工場地帯

 

 

◆蜂ヶ峯総合公園
和木町の南部には、キャンプ場やゴルフ場を兼ね備えた「蜂ヶ峯(はちがみね)総合公園」があります。昭和62年にオープンしました。
アスレチック施設や、全長255メートルの「大型ローラー滑り台」、瀬戸内海を一望できる「観覧車」、743メートルの長距離を走る「ミニSL」などの大型遊戯施設の他、テニスコートやキャンプ場等、多数の施設があります。
180種4000株が咲き誇る山口県最大級の「バラ園」もあり、春と秋に見頃を迎えます。
【“蜂ヶ峯”の由来】
DSC_0179
DSC_0311
蜂ヶ峯総合公園キャラクター はっち
蜂ヶ峯総合公園キャラクター「はっち」

 

 

◆和木町役場
現在の庁舎は、建築家の黒川紀章氏によって設計され、昭和50年11月17日に完成しました。
DSC_0025

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中