プロフィール

DSC_1253s

安井 絵美(やすい えみ)

誕生日:6月28日
年齢:30代
血液型:B型
趣味:写真撮影(植物や風景、料理の写真を撮るのが好きです。カメラはCanon Eos Kiss X5。)、美味しい食べ物を食べ美味しいお酒を飲む、ドライブ(8年間ペーパードライバーでしたが和木町に来て車の運転が楽しくなりました。)
特技:パソコンで絵を描く(名刺の似顔絵は自作です。ロゴも作りました。Illustrator使用。)

大阪府大阪市出身。
転勤族の家庭に生まれ、横浜、広島での生活を経て、大学入学と同時に大阪に戻る。
いずれ両親が住む広島の近くで暮らしたいと思っていた時、地域おこし協力隊の募集ページで山口県和木町を知り、瀬戸内海も工場も公園もあり、交通の便の良さを兼ね備えた「ちょうど良い都会」に魅力を感じる。
応募の結果採用いただき、2016年7月1日に「山口県和木町 地域おこし協力隊 にぎわいコンシェルジュ」に着任。同日、住民票を和木町に移動し、和木町民となる。

地域おこし協力隊の応募で和木町を選んだ理由はこちら

 

活動内容

和木町地域おこし協力隊は、愛称として「にぎわいコンシェルジュ」という名前があり、町内のにぎわい作りのお手伝いが主な活動です。
町内の行事やイベントに参加し、SNSやブログで「和木町の魅力」として発信しています。
前職の経験(Illustratorを使用したデザイン、チラシなどの制作)を活かし、所属している地域振興協会で使用するチラシの作成、町のPRとしてポスターやパンフレットの作成もしています。
今後は特産品開発にも取り組んでいきたいです。

 

和木町地域おこし協力隊のロゴについて

にぎわいコンシェルジュ ロゴ

・色は和木町シンボルマークで使われている青、緑、ピンクをメインに入れました。
・和木町の象徴である「工業の町」をPRするため、工場のイメージを入れました。
・蜂ヶ峯総合公園のキャラクターであるはっちの親子を入れ、「子育てしやすい町」をPRしています。
また、字体も子どもにも親しんでもらえるようポップ体にしています。
・「地域おこし協力隊」という固い名前ではなく、「にぎわいコンシェルジュ」として親しんでもらえるよう、「にぎわいコンシェルジュ」の文字を大きく入れました。
・「わきあいあい」という言葉にちなんで、愛の象徴であるハートマークを入れました。

 

はっちの娘の名前決定!!
「にぎわいコンシェルジュ」にちなんで、ルージュちゃんです!
パパはっちとともにかわいがってください(^-^)♪

広告